相続や債務整理は弁護士にお任せ|プロにSOSで安心の解決術

弁護士に頼んで解決

男の人

遺産相続で気になるところは税金以外にもあります。それは分配の割合でしょう。ドラマなどでよくある「一人に全額相続して残りは・・・」なんて展開もないことはないのです。また、全く血のつながりのない人に相続するという突飛な展開もありますが、現実ではあまりないようですね。ちなみに遺言状はただ書いただけでは効果がないことが多いです。振り分けを考えるときは必ず相談するものです。それは生前である場合と死後である場合があり、死後の場合は往々にして「骨肉の争い」となるでしょう。私がお世話をしていたやら血のつながりがあるんだから多少よこせとか今まで顔も見たことないような親戚がどんどん出てきたり実際にあれを目の当たりにするともう生きてるうちに財産は処分したほうがいいなと思うものですまあ私の場合は残す遺産なんてありませんがちなみに振り分けの際に考慮するのは財産の名義がバラけているかいないか、お金に困った親族の有無、長男が最年長ではない、もしくはいないなどの状況です。これらの要素がある場合、生前に千葉の事務所などに相談して正式な文書を作っておいたり、生前贈与を考えておく必要があります。また、最終手段としては千葉の老人ホームに入るからと全財産をすべてホーム代に使うというものもあります。千葉の司法書士事務所に相談すると遺言書の書き方を教えてくれます。遺言書は、相談問題を解決するために大きな効果を持つ書類です。そのため、法的効力を持つように書き方を把握しておくといいでしょう。